街をつくる

土木工事

社会を支えるインフラ作り
災害復旧や融雪剤散布などにも対応

東日本大震災による工事の集中化や、近年増えている自然災害は土木技術の必要性を再認識するものとなりました。
高度経済成長期に集中的に整備された多くのインフラはそのほとんどが更新時期に差し掛かっています。
今後急速にメンテナンスが必要となる中、土木技術の進化と技術者の技能向上の必要性は高まる一方です。
私達は通常の土木工事だけでなく、建設汚泥や建設発生土の再資源化から生まれた特殊技術やノウハウ、現場経験を組み合わせ、発注者からの課題をクリアできる施工法を選択し、施工します。

  • 一級河川滝名川筋上平沢地区河川災害復旧(25災171号)ほか3工事

  • 一級河川滝名川筋上平沢地区河川災害復旧(25災171号)ほか3工事

  • 一般県道普代小屋瀬線畑の3地区道路災害復旧(28災9号)工事

  • 一般県道普代小屋瀬線畑の3地区道路災害復旧(28災9号)工事

  • 中太田新田沢田線街路築造及び宅地造成等工事

  • 中太田新田沢田線街路築造及び宅地造成等工事

【加入団体】

岩手県建設業協会・盛岡市上下水道工事業協同組合
日本ステップ工業会・盛岡市建設業協同組合
矢巾町指定上下水道協会・日本リソイル協会

お問い合わせ、ご相談(見積無料)はこちら